台湾人の有名ブロガーを招いて観光情報発信/五所川原市

画像
ガイドの案内で、深浦町の千畳敷付近を快走する台湾人ブロガーら

 自転車で観光地を巡る「サイクルツーリズム」を推進している青森県五所川原市は、津軽半島の自転車旅の魅力を発信しようと、20~23日の日程で、台湾人の有名ブロガーらを招いている。一行は21日、真夏の日本海を望みながら、西海岸を快走。魅力的な風景やグルメを写真に収めていた。

 一行は、旅行やグルメに関する著書やブログがある自転車愛好家やライターら5人。旅費や滞在費などを市が負担する。5人は、市が2月に選定した津軽半島自転車旅のモデルルートを試走。ブログなどで観光情報を発信してもらう。

 21日は、12種類あるモデルルートのうち「西海岸」「青池」など約30キロをゆったりとしたペースで走った。深浦町では、新・ご当地グルメ「深浦マグロステーキ丼(マグステ丼)」やイカ焼きに舌鼓。自転車を降り、JR五能線の人気観光列車「リゾートしらかみ」の列車旅も楽しんだ。

 サイクリング団体の陳忠利さん(52)は「気候も景色も良く、走りやすかった。台湾で青森はリンゴの産地として有名。今度は実りの秋に再訪したいね」と話した。

 22日は、鶴田町の津軽富士見湖の「鶴の舞橋」などを訪れる。

あなたにおすすめ