佳子さま、豪雨被災地気遣う

高校馬術開会式に出席

馬術大会の開会式であいさつされる、秋篠宮家の次女佳子さま=25日午前、静岡県御殿場市

 秋篠宮家の次女佳子さまは25日、静岡県御殿場市で開かれた第51回全日本高校馬術競技大会の開会式に出席し、あいさつされた。冒頭で九州北部や新潟、秋田両県の豪雨被害に触れ「被災地の復旧が速やかに進み、安心できる暮らしが一日も早く戻りますよう願っています」と気遣った。

 大会には全国36校から約180人が出場。「日ごろの練習の成果を十分に発揮されることを期待します」と選手にエールを送った。午後には観戦する機会も設けられた。

 佳子さまは2015年の開会式で、公務による式典として初めてあいさつした。昨年は、秋篠宮さまが出席した。

あなたにおすすめ