佳子さま、豪雨被災地気遣う

高校馬術開会式に出席

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
馬術大会の開会式であいさつされる、秋篠宮家の次女佳子さま=25日午前、静岡県御殿場市

 秋篠宮家の次女佳子さまは25日、静岡県御殿場市で開かれた第51回全日本高校馬術競技大会の開会式に出席し、あいさつされた。冒頭で九州北部や新潟、秋田両県の豪雨被害に触れ「被災地の復旧が速やかに進み、安心できる暮らしが一日も早く戻りますよう願っています」と気遣った。

 大会には全国36校から約180人が出場。「日ごろの練習の成果を十分に発揮されることを期待します」と選手にエールを送った。午後には観戦する機会も設けられた。

 佳子さまは2015年の開会式で、公務による式典として初めてあいさつした。昨年は、秋篠宮さまが出席した。

Curated by

47NEWS

47NEWS

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。