インドネシアで対テロ会議

イスラム国の伸長に危機感

29日、インドネシア・北スラウェシ州の州都マナドで開かれた、国際テロ組織への対策を話し合う閣僚級の国際会議(共同)

 【マナド共同】東南アジアで勢力拡大が懸念される過激派組織「イスラム国」(IS)への対策を話し合う国際会議が29日、インドネシア・北スラウェシ州の州都マナドで開かれた。同国のウィラント調整相(政治・治安)は記者会見で、ISがインドネシアでも拠点創設を検討していたと述べ「ISは地球規模のネットワークを持っている」と危機感を表明した。

 6カ国が参加した会議では、過激派が思想を拡散するために利用しているとして、ソーシャルメディアの運営会社にテロ対策での協力を求めることを柱とする共同声明も採択した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

papers