秋篠宮さまと佳子さまが美術鑑賞

午後、高校総合文化祭の開会式へ

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む
全国高校総合文化祭の美術・工芸部門の作品を鑑賞される秋篠宮さまと佳子さま=31日午前、仙台市青葉区の宮城県美術館(代表撮影)

 宮城県を訪れている秋篠宮さまと次女佳子さまは31日、県美術館(仙台市青葉区)で、全国高校総合文化祭の美術・工芸部門の作品を鑑賞された。

 高校生による絵画や彫刻などの作品を見て回り、水の中にいる自画像を描いた絵を見た佳子さまは「色合いがきれいですね」と話していた。

 午後には、仙台サンプラザホール(同市宮城野区)で総合文化祭の開会式が開かれ、秋篠宮さまがあいさつする。

 総合文化祭は「文化部のインターハイ」と呼ばれ、秋篠宮さまは2007年から毎年視察している。これまでは紀子さまや長女眞子さまも同行したことがある。

以下の「同意する」ボタンを押すことで、またはこのページ内のリンクをクリックすることで、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意することになります。お客様は、プライバシーポリシー記載の所定の手続きにより、アクセスデータを管理できます。