熊本城マラソン 初日エントリー2819人

「チャリティ特別枠」2時間で定員

熊本城マラソンの出場申し込み状況を確認する熊本市職員=31日、熊本市役所

 来年2月18日に開催される「熊本城マラソン2018」の出場申し込み受け付けが31日、インターネットで始まった。3万円以上の寄付で抽選を免除する「熊本応援チャリティランナー特別枠」は、昨年より約1時間早い約2時間で定員300人に達した。

 午後5時までにフルマラソン、熊日30キロロードレース、熊本城周辺約3キロの復興チャレンジファンランの3種目に計2819人がエントリー。事務局は「特別枠は昨年、3時間で定員になったため、出足が早くなったのではないか」とみている。

 定員はフルが1万2千人、30キロが150人、ファンランが1500人。定員を超えた場合は抽選になる。初日に申し込んだ2819人の内訳は、フル2658人、30キロ6人、ファンラン155人。

 前回はフルに過去最高の2万5428人が応募、競争倍率は2・12倍だった。9月15日午後5時締め切り。当落は10月上旬に通知する。

 大会運営を支えるボランティアの募集(先着4200人)も同日、始まった。(高橋俊啓)

あなたにおすすめ