夏目漱石の「猫の死亡通知」寄贈

東京・新宿区に

画像
夏目漱石

 文豪夏目漱石(1867~1916年)が門下生に飼い猫の死を知らせたはがき1枚が1日までに、東京都新宿区に寄贈された。この猫は小説「吾輩は猫である」のモデルで、はがきは通称「猫の死亡通知」として知られる。新宿区は9月24日開館の「漱石山房記念館」で一般公開する。

 はがきは1908年、漱石から児童文学者の鈴木三重吉ら門下生4人に宛てて4枚が出された。寄贈されたのは、うち俳人の松根東洋城宛てのもの。松根が創刊した俳句雑誌「渋柿」の前主宰者、松岡潔さんが昨年3月、新宿区に贈った。

あなたにおすすめ