米、移民半減へ規制強化法案

国民の雇用確保狙う

画像
2日、米ホワイトハウスで、コットン(左)、パーデュー(右)両議員と並んで話すトランプ大統領(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領と共和党のコットン、パーデュー両上院議員は2日、移民の入国規制を強化する法案がまとまったとホワイトハウスで発表した。米国に流入する移民を10年間で半減させ、米国民の雇用を確保する狙い。トランプ氏は「この半世紀で最も重要な移民制度の改革となる」として法案を全面的に支持する考えを示した。

 「米国第一」を掲げるトランプ氏は犯罪対策のためとして不法移民の取り締まりを強化してきたが、合法的に入国する移民も規制する方針を打ち出し、反移民の姿勢を鮮明にした。法案が成立すれば、多くの移民を受け入れてきた米社会は大きな転換を迫られる。

あなたにおすすめ