DV被害、日本女性は隠す

龍谷大が調査

©一般社団法人共同通信社

47リポーターズ

地方新聞社や共同通信の記者らによる署名入りコラム。 地方創生に絡む問題を多く取り上げ、新聞記事とは違った切り口で提供します。

今すぐ読む

 日本の女性は欧州の女性と比べ、パートナーから受けた暴力を隠す傾向が強いとの調査結果を、龍谷大(京都市)の浜井浩一教授らがまとめ、3日発表した。

 調査は昨年10~12月、近畿在住の18歳以上75歳未満の女性約2400人を対象に、自宅訪問して実施。結果をFRA(欧州基本人権庁)が2012年に実施した欧州連合での調査と比較して、日本人女性の傾向を分析した。

 回答した約740人の日本人女性のうち、6人に1人が暴力的な被害を受けていたが、比率は欧州(33%)より16ポイント低かった。

 しかし、受けた暴力を警察に通報した日本人は1人もおらず、欧州は14%だった。

あなたにおすすめ