米、北朝鮮の石炭全面禁輸を主張

安保理制裁決議、6日採決

ニューヨークの国連本部

 【ニューヨーク共同】北朝鮮による2回の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、米国は4日、国連安全保障理事会の理事国に北朝鮮の新たな制裁決議案を配布した。共同通信が入手した決議案によると、北朝鮮の主産品である石炭や海産物の輸出を全面的に禁止。輸出総額の約3分の1が削減される見込みという。

 5日午後(日本時間6日午前)に採決にかけられる見通し。北朝鮮の経済的な後ろ盾となっている中国も米国と大筋で合意しているもようで、制裁に反対してきたロシアの出方が鍵となる。安保理外交筋は中ロが支持する可能性について「大きな自信がある」と語った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む