伏見城武家屋敷の石垣見つかる

土佐・山内一豊の住居か

伏見城の城下町だった区域で見つかった、武家屋敷の石垣(右側)と溝(京都市提供)

 豊臣秀吉が築いた伏見城(京都市伏見区)の城下町だった区域で、武家屋敷の石垣や溝が見つかり、京都市が5日、発表した。屋敷の配置を示した史料から、土佐藩藩主として知られる山内一豊か、織田信長の側近だった堀秀政(久太郎)一族の屋敷跡と考えられるという。

 石垣は長さ約3.7メートル、高さ約60センチ。自然石が2段ほど積まれている。また、石組み溝や軒平瓦のかけらも見つかった。

 市が所蔵する「伏見御城郭並武家屋敷取之絵図」などによると、現場は武家屋敷が並んでいたとされる街道沿いにある。見つかった石垣や溝は1988年に見つかっていたものの続きとみられる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む