錦織、逆転で4強入り

シティOPテニス

画像
男子シングルス準々決勝でプレーする錦織圭=ワシントン(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】テニスのシティ・オープンは4日、ワシントンで行われ、男子シングルス準々決勝で世界ランキング9位の第2シード、錦織圭(日清食品)は世界225位のトミー・ポール(米国)に3―6、7―6、6―4で逆転勝ちし、準決勝に進出した。5日(日本時間6日)の準決勝では第5シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。

 大会2年ぶりの優勝を狙う錦織は初対戦のポールに苦戦したが、第2セット終盤から粘りを発揮。第3セットは先にブレークして押し切った。

あなたにおすすめ