<さいたまダービー>白熱の展開で2―2、浦和と大宮譲らず 浦和は新体制初陣飾れず…大宮は4戦勝ちなし

 明治安田J1第20節は5日、埼玉スタジアムで浦和と大宮の“さいたまダービー”が行われ、2―2で引き分けた。浦和は堀新体制の初陣を飾れず、勝ち点を30に伸ばしたが順位は8位のままで、4戦勝ちなしの大宮は勝ち点16で16位。ダービーのJ1通算成績は浦和の9勝7分け8敗。

 ダービーらしい白熱の展開となった。浦和が前半26分、相手のハンドで得たPKを興梠が落ち着いて決めて先制すれば、大宮は後半21分、途中出場のマテウスのミドルシュートで追い付いた。浦和は後半24分に菊池の左クロスからのこぼれを柏木が左足で押し込んだ。これで決着かと思いきや、大宮は43分に岩上の右クロスから瀬川が同点ヘッドをたたき込んだ。

 第21節は9日、浦和はアウェーで14位甲府と対戦(19時・中銀スタ)、大宮はホームで11位FC東京(19時・NACK)と顔を合わせる。

あなたにおすすめ