台風5号 東日本~東北は9日にかけ大雨続く 土砂災害、川の増水など厳重警戒

©株式会社ウェザーマップ

台風5号は、8日は日本海を北寄りに進む見込み。9日(水)にかけて西日本や東日本、東北地方では、土砂災害、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒が必要だ。
 
 台風5号はきょう8日午前10時時点で、新潟県糸魚川市の北約60キロ付近を、北北東に進んでいるとみられる。台風周辺の発達した雲域がかかって、北陸を中心に断続的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降っている。東日本と東北は9日朝にかけて、断続的に1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となる見込み。活発な積乱雲の周辺では、落雷や竜巻などの突風にも注意が必要だ。

 また、雨が弱まっていたり止んでいる地域でも、これまでの雨で地盤が緩んでいる所があるため、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫などに厳重な警戒が必要となる。

 ■予想雨量(9日昼まで・多い所)
 北陸    250ミリ
 東北    180ミリ
 関東甲信  120ミリ
 東海    100ミリ

 その後、10日昼までに北陸や東北の多い所で、さらに50~100ミリの雨が降る見込み。
 
 台風はあす9日夜までに秋田沖で温帯低気圧に変わる見込みだが、引き続き土砂災害や河川の増水、氾濫に厳重な警戒が必要だ。

あなたにおすすめ