代表選、前原氏が議員票で優位

追う枝野氏、情勢流動的

 民進党代表選(8月21日告示、9月1日投開票)を巡り、立候補を表明した枝野幸男元官房長官と前原誠司元外相への党内グループの対応が固まってきた。前原氏は自身が率いる「凌雲会」など6グループ約80人が支持する方向。9日の時点で投票資格を持つ所属国会議員145人のうち半数以上となり、優位に立つ。枝野氏は2グループ約25人の支持にとどまり、追い上げを図っている。

 議員票のポイントは全体の約34%で、複数のグループに所属する議員がいる。約27%が割り当てられる党員・サポーターの票の動向も見えず、情勢は流動的だ。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。