ヘイトスピーチ28万8千件削除

フェイスブック、1カ月で

米カリフォルニア州にあるフェイスブック本社=2013年7月(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】交流サイト大手の米フェイスブックは9日までに、ヘイトスピーチ対策として、全世界で問題のあった投稿を1カ月当たり約28万8千件削除したと明らかにした。一方で、問題があるかどうかの線引きが難しく、判断を誤ることも多いとも表明した。

 フェイスブックはヘイトスピーチの定義を「人種や民族性、国籍、宗教などを理由に人々を直接的に攻撃すること」と説明。暴力的な扇動などがあれば削除し、危険が明らかなら、当局に通報しているという。

 ただ「線引きする完璧なシステムはまだない」と説明。人工知能(AI)の開発も進めているが、現状は人手に頼っているという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。