浦和MF柏木陽介、天才的で美しい「ループ」を見たか

9日(水)に行われたJ1第21節。

山梨中銀スタジアムで開催されたヴァンフォーレ甲府対浦和レッズ戦で、素晴らしいゴールが生まれた!

0-0で迎えた19分、ラファエル・シルバとのワンツーからペナルティエリア内へと進入していった柏木陽介。

すると優しいタッチでボールを持ち直し、得意の左足でループシュート!これがファーサイドに決まり、甲府GK河田晃兵は触ることができなかった。

柏木のゴールは前節の大宮アルディージャ戦以来2試合連続のこと。ボールを受けた時点でイメージできていたのかについては「そういうわけでもないけど、状況を見ながら」と話し、「自分では完全にコースが見えて、キックも時間が止まったようなゴールになった」と振り返った。

なお、柏木のゴールが決勝点となり浦和が0-1と勝利。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督退任後、初勝利となった。

浦和は15日(火)、スルガ銀行チャンピオンシップでシャペコエンセと対戦する。

あなたにおすすめ