ロシア外相が米朝関係憂慮

軍事衝突「リスク高い」

 【モスクワ共同】ロシアのラブロフ外相は11日、トランプ米大統領が北朝鮮による米領グアム沖へのミサイル発射計画に関し、米国が対抗措置を取ると警告したことについて「ロシアは憂慮しており、そのようなことが起こらないよう全力を尽くす」と述べた。モスクワ東方のウラジーミル州で行われた若者とのフォーラムで語った。

 ラブロフ氏は「(米国と北朝鮮が軍事衝突する)リスクは非常に高いと思う」と述べ、両国に自制を求めた。一方で「事態がけんかのような状態に至った場合にはより賢く、力のある者が第一歩を踏み出すべきだ」とし、米国に事態の沈静化へ行動するよう促した。

あなたにおすすめ