比嘉真美子、キム・ハヌルが首位で最終日へ イ・ボミは3連続バーディで予選R通過

画像
後半のチャージで決勝進出を果たしたイ・ボミ(撮影:村上航)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2日目◇12日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,655ヤード ・パー72)>

国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の2日目。全選手がこの日の競技を終え、“65”を叩き出したキム・ハヌル(韓国)と比嘉真美子がトータル11アンダー首位タイでフィニッシュ。ハヌルは今季4勝目、比嘉は4年ぶりのツアー3勝目をかけて最終日に挑む。

2打差3位に辻梨恵、4打差4位に大山志保が、5打差5位タイに昨年覇者の笠りつ子、プロデビュー戦の勝みなみら5人が続いている。

ハーフターン時でトータル1オーバーと、自身初の2戦連続予選落ちの危機にいたイ・ボミ(韓国)は、後半12番から起死回生の3連続バーディを奪取。トータル2アンダー31位タイで最終日に駒を進めた。2週ぶりに出場のアン・シネ(韓国)はトータル5オーバー83位タイに沈み、ツアー参戦後初となる2戦連続予選落ちを喫している。

【2日目までの順位】
1位T:キム・ハヌル(-11)
1位T:比嘉真美子(-11)
3位:辻梨恵(-9)
4位:大山志保(-7)
5位T:勝みなみ(-6)
6位T:笠りつ子(-6)
6位T:吉田弓美子-6)
6位T:藤田さいき(-6)
6位T:福田裕子(-6)

31位T:イ・ボミ(-2)他
CUT:畑岡奈紗(+1)
CUT:アン・シネ(+5)

あなたにおすすめ