「思いを伝えたい」高校生平和大使、市原さん出発あいさつ

©有限会社大分合同新聞社

第20代高校生平和大使として欧州に派遣される市原奈奈さん

 世界に核兵器の廃絶を訴えるため、第20代高校生平和大使として欧州に派遣される佐伯鶴城高校3年の市原奈奈さん(17)=佐伯市弥生=が、県庁で二日市具正副知事に出発のあいさつをした。

 全国各地から選ばれた21人の同大使と一緒に、21~24日までスイス・ジュネーブの国連軍縮局などを訪問。核廃絶を訴えるスピーチをしたり、日本の高校生1万人から集めた核廃絶の署名を提出する。

 県内から選ばれるのは7人目。市原さんは面接や作文など派遣委員会(東京)の選考をクリアし、大役の座をつかんだ。県庁では「若い世代が訴えることに意味がある。平和への思いを伝えたい」と抱負。二日市副知事は「課題を持って取り組んでほしい」と激励した。

あなたにおすすめ