東九州道で物損事故 宮崎西-西都ICの上下線、一時通行止め

 12日午後3時10分ごろ、東九州自動車道の西都インターチェンジ(IC)から南に約2キロの下り線で、乗用車が中央分離帯のワイヤロープに接触する事故があった。この影響で、同3時35分ごろから3時間15分にわたって宮崎西-西都の上下線が通行止めになった。県警高速道路交通警察隊によると、乗用車を運転していた70代男性にけがはなかった。

あなたにおすすめ