最近の移籍金、おかしくない?クロップ監督はどう思う

世界が驚いたネイマールのPSG移籍。バルセロナが2.22億ユーロ(285億円)に設定していたリリース条項は絶対に行使されることはないように思われていたのだが…。

そのネイマールを含め昨今は移籍金の高騰に歯止めかからない状態だ。

『Bleacherreport』によれば、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督がこの件に触れたという。『DAZN』に対して、こう語ったそう。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「非常にシンプルさ。今までは単純に不可能に思えた。

バルセロナのリリース条項リストがあって、レオ・メッシが3億ユーロ(386.2億円)ならね(≒この額に設定されていたらこれまでは移籍不可能だった)。

それが、このたった1か月で突然ありえるようにもなった。

以前ならとんでもない額だった。単に無作為に額を設定していた。誰が3億ユーロを払うのかって?

今そういうことが起きたんだよ」

これまでならリリース条項が3億ユーロに設定されていれば、それは移籍不可と同義だったが、そういう常識が崩れつつあるという意見のようだ。

あなたにおすすめ