CMギャラが1年で10倍に! 大ブレークした吉岡里帆の「スタッフ受けの良さ」と「ヌードの可能性」

画像
吉岡里帆オフィシャルブログより

「いま大ブレークしている女優といったら、彼女の名前が真っ先に挙がるんじゃないでしょうか。上半期のCM起用社ランキングでも、新垣結衣、石原さとみ、桐谷美玲、武井咲らと同数ですからね。彼女だけは、下半期も数字を伸ばしてくるんじゃないかともっぱらですよ」(広告代理店関係者)

 現在、長瀬智也主演のTBS日曜劇場『ごめん、愛してる』にヒロインとして出演中の吉岡里帆。

「昨年4月クールの『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)以降、ほぼ毎クールのようにドラマに出演しています。彼女はとにかくスタッフ受けが抜群で、共演者のマネジャーにも『差し入れありがとうございます』と、ひとりひとりにお礼を言うものですから、みんな彼女のとりこになってますよ。それでなくても、普通に話しかけてくれるので、親しみやすくて好きになっちゃう人も多いですよ」(ドラマスタッフ)

 彼女の転機は『ハッピーウエディング』という、当初劇場公開されずお蔵入りになっていた映画の主演を射止めてからだという。

「もともと2014年に撮影されていた映画で、ブライダル業界関係者への試写会などでしか上映されていませんでした。それが、彼女のブレークで一般公開されることになりました。正直、当時は演技と呼べるほどのものでもなかったのですが、この2年くらいで一気に化けましたね。彼女のライバルとしては、松岡茉優や貫地谷しほりといった、メインよりもちょっと下のかわいい系女優になりますが、ギャラは彼女のほうが格段に安いと思いますよ。実際、『ゼクシィ』のCMは100万円程度だったと聞いています。今は1,000万円くらいと聞いてますので、わずか1年で10倍になったということです」(芸能事務所関係者)

 いまやドラマ、映画、グラビア、ファッション誌と、彼女を目にする機会が増えているが、今後は作品によってはヌードもあり得ると映画関係者は話す。

「彼女は基本的にノーと言わない性格のようなので、映画で賞を獲るような作品に当たれば可能性は高いと思いますよ」(同)

 ひとまず、下半期の活躍にも要注目だ。

あなたにおすすめ