【J1展望】川崎×鹿島|因縁の対決再び。首位浮上の鹿島に対し、川崎はエース・小林が…

©株式会社日本スポーツ企画出版社

J1リーグ22節
川崎フロンターレ – 鹿島アントラーズ
8月13日(日)/19:00/等々力陸上競技場
 
川崎フロンターレ
今季成績(21節終了時):4位 勝点39 11勝6分4敗 38得点・23失点
 
【最新チーム事情】
●足を痛めた小林が先発回避へ。ただし大きな怪我ではないため、ベンチ入りする見込み。
●スタメン出場が濃厚な家長の良さを引き出せるかがポイントに。
●連戦でのコンディション調整に苦慮。良い状態で臨めるか。
 
【担当記者の視点】
 前節の新潟戦(2-0)でようやく中断明けからの初勝利を掴んだ。ただ、今節は足を痛めた小林が先発から外れる模様だ。代わりに中盤右では家長の起用が見込まれる。彼の能力をチームとしてどれだけ引き出せるか。ここがひとつのポイントになりそうだ。
 
 昨季、チャンピオンシップ準決勝、天皇杯決勝で苦汁を飲まされた鹿島には、12節で3-0と快勝した。もっとも相手は監督交代を機に調子を上げているだけに気は抜けない。因縁の相手に連勝できるか注目だ。

J1リーグ22節
川崎フロンターレ – 鹿島アントラーズ
8月13日(日)/19:00/等々力陸上競技場

鹿島アントラーズ
今季成績(21節終了時):1位 勝点46 15勝1分5敗 35得点・20失点
 
【最新チーム事情】
●2トップの一角に中村を起用する見込み。新たな攻撃パターンが生まれそうだ。
●前回対戦はホームで0-3で敗れた川崎に対し、遠藤は「全員がやるべきことをやる。隙を作らない」と対策を掲げる。
●現在、首位に立っているが、曽ケ端は「自力で決められる位置にいるのはいいことだけど、今は意識していない。最後に立っていられるかが大事」と気を引き締めている。
 
【担当記者の視点】
 現在の好調ぶりがホンモノかどうか――。ある意味、真価が問われる一戦だ。
 
 遠藤が語るように、“やるべきことをやる”のが何よりも大事で、それさえできれば簡単に負けるとは思えない。万が一、先制されても、今のチームは慌てず、冷静に、修正できる力がある。
 
 注目は、2トップ起用が濃厚の中村。独特のリズムで局面を打開できるテクニシャンのフィニッシュワークに期待したい。

あなたにおすすめ