低迷日ハムの光明―吉井投手コーチ分析、上沢“開花”の要因は「左肩」にあり

低迷する日本ハムにあって、数少ない明るい材料である。上沢直之投手が好投を続けている。

日本ハム・上沢直之【写真:石川加奈子】

12日ソフトB戦まで6試合連続QS達成、6年目右腕はなぜ好投を続けられるのか

 低迷する日本ハムにあって、数少ない明るい材料である。上沢直之投手が好投を続けている。

 今季は3度の登録抹消がありながらも、4度目の昇格を果たして先発した7月2日のロッテ戦(ZOZOマリン)で6回4安打1失点に封じて今季初勝利をマークし、7月9日のソフトバンク戦(札幌D)でも7回5安打無失点の内容で2連勝。8月12日のソフトバンク戦(ヤフオクD)でも打線の援護なく敗れはしたものの、7回1失点と好投した。

 今季初勝利を挙げたロッテ戦から6試合に先発し、その全てで6回以上を投げて自責3以内のクオリティースタート(QS)を果たしている。現在の安定感は、苦しむチームの中でも屈指と言えるだろう。

 2011年のドラフト6位で専大松戸高から日本ハムに入団し、今季が6年目となる上沢。2014年には22試合に先発し、8勝8敗の成績を残しているが、2015年は5勝。2016年は1軍登板なしに終わった。

 再び頭角を現し、ローテの一角を掴みかけている右腕。好投が続く要因は、どこにあるのだろうか。

「すごく良くなった」投球フォーム、結果的にフォークも「効くように」

「投球フォームがすごく良くなった」というのは吉井理人投手コーチだ。同コーチによれば、右腕はもともと左肩の開きが早かったのだが、「細かくは聞いていないから分からないけど、どこかでうまく修正した。肩が開かなくなった」のだという。

 左肩の開きをギリギリまで抑えるフォームになったことで、様々な変化が生まれた。「クイックも良くなった。クイックが良くなるということは体重移動が良くなったということ。開きが遅くなることで、ボールが見えづらくなるし、ストレートの軌道も、コントロールも良くなる。それによってフォークも効くようになる」と吉井コーチは分析する。

 4位のオリックスとも12ゲーム差をつけられており、クライマックスシリーズ出場すらもほぼ不可能の日本ハム。若手育成も求められる中、来季を見据えても、好投を続ける上沢の存在は光明だろう。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

あなたにおすすめ