パキスタンで爆発、16人死亡

テロか、南西部クエッタ

 【イスラマバード共同】パキスタン南西部バルチスタン州の州都クエッタで12日夜、爆発があり、州当局者によると、少なくとも16人が死亡、25人が負傷した。ロイター通信によると、過激派組織「イスラム国」(IS)系のグループが「自爆テロだ」と犯行を認めた。

 州当局者によると、爆発は繁華街に駐車していた車両で起き、周辺にいた治安部隊が狙われたとみられる。爆発による火災で多くの車両に被害が出た。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む