金沢ユース優勝は矢板中央!準優勝に関東一

 8月9日から行われていた、第15回金沢ユース(U18)サッカー大会の準決勝、決勝が12日に行われた。決勝では準決勝でFC町田ゼルビアユース(東京)を撃破した平成29年度全国高校サッカーインターハイ(総体)8強の関東一(東京)と同準優勝の日大藤沢(神奈川)を下した矢板中央(栃木)が激突し、2-1で矢板中央が逆転勝ちを収め優勝を果たした。

 第15回金沢ユース(U18)サッカー大会の参加40チームは以下の通り。

Aグループ:関東一、東山、神戸科学技術、高崎商
Bグループ:日大藤沢、帝京長岡、高崎経済大附、松任
Cグループ:仙台育英、水戸啓明、駿台学園、星稜
Dグループ:静岡学園、札幌大谷、長崎海星、初芝橋本
Eグループ:FC町田ゼルビアユース、旭川実、八千代、桐生第一
Fグループ:立正大淞南、日本航空、岐阜工、小松市立
Gグループ:興國、桐蔭学園、東邦、本庄第一
Hグループ:清水東、ジェフユナイテッド千葉U-18、清明学院、境
Iグループ :実践学園、大阪産大附、水戸商、ツエーゲン金沢U-18
Jグループ:矢板中央、横浜創英、草津東、一条

あなたにおすすめ