元燕バーネットが長髪バッサリ、ファン賛否両論「切っちゃダメ」「ステキ」

元ヤクルト守護神で、現在はレンジャーズ救援陣の一角として活躍するトニー・バーネット投手が、トレードマークの長髪はバッサリ切り、大胆にイメージチェンジした。自らのインスタグラムを更新。「なくなった。全部なくなったよ」とのメッセージを添えて、サッパリと短くカットした新ヘアの写真を公開した。

画像
元ヤクルト所属、現レンジャーズのトニー・バーネット【写真:Getty Images】

大胆イメチェンも特に理由なし「まったく感情的にはならなかったよ」

 元ヤクルト守護神で、現在はレンジャーズ救援陣の一角として活躍するトニー・バーネット投手が、トレードマークの長髪はバッサリ切り、大胆にイメージチェンジした。自らのインスタグラムを更新。「なくなった。全部なくなったよ」とのメッセージを添えて、サッパリと短くカットした新ヘアの写真を公開した。

 ヤクルト時代から風になびく長髪でおなじみだったバーネット。自慢の長髪を切ったからには、何か特別な理由があるのかと思いきや、地元紙「フォートワース・スターテレグラム」電子版によると、賭けに負けたり、運を好転させたかったりという特別な理由はないそうだ。髪を切った理由を問われたバーネットは「だって木曜日だったから」とドライなジョークで返答。「まったく感情的にはならなかったよ。文字通り“じゃあね”ってだけで」と話したそうだ。

 バーネットのインスタグラムには日米のファンが数多くのコメント。「カッコイイ」「この人は誰?」「ステキ!」「またハンサムに戻ったね」「だめ、切っちゃダメ!」など、女性ファンを中心に賛否両論の声が飛び交っている。

 大胆なイメージチェンジだけに、新しいバーネットに目が慣れるまで、ファンもしばらく時間が掛かりそうだ。(Full-Count編集部)

あなたにおすすめ