大垣日大さぁ初戦 甲子園 きょう天理と

 第99回全国高校野球選手権大会の岐阜県代表・大垣日大は13日、天理(奈良)と初戦を迎える。12日は兵庫県伊丹市の伊丹スポーツセンター野球場で午前8時から練習し、最後の調整に励んだ。

 選手たちは試合前日にもかかわらず、いつも通りの動きで、緊張した様子もなく練習。ノック、2カ所でのフリー打撃、左投手を想定したシート打撃といった甲子園入りしてから繰り返し行ってきたメニューで試合に備えた。

 最後にバント練習を行ったが「初戦ではバント、スクイズは必ず使う」という阪口慶三監督の考えがあってのこと。阪口監督は「4点までのうち、何点スクイズで取るか楽しみにしてて」と練習後、笑顔を見せた。

 練習は阪口監督の「コンディションいいからこれで十分だ」という一声で1時間半で終了。初戦を万全の状態で迎えられそうだ。

 練習後、阪口監督は「強敵天理を倒すのは難しいが、負ける気はない。必ず倒してやる」と強い意気込みを語った。

画像
自ら打撃投手を買って出た主将の柴田=伊丹スポーツセンター野球場

あなたにおすすめ