大垣日大、初戦で涙 天理に0-6 甲子園

 第99回全国高校野球選手権大会第6日は13日、甲子園球場で2回戦4試合を行った。3年ぶり4度目出場の岐阜県代表・大垣日大は、第1試合で天理(奈良)に0-6で敗れ、3年ぶりの校歌を響かせられず、聖地を後にした。

 大垣日大は毎回走者を出し、二塁打も4本放ったが、好機であと一本が出なかった。先発・修行恵大は天理の4番・神野太樹に2打席連続ソロを浴びるなど、五回途中で5失点。継投した杉本幸基が、3回2/3を無安打で抑える好救援をみせたが、報われなかった。

【大垣日大・阪口慶三監督】 全てうまくいかなかった。(相手先発は)打てると思ったが、ここぞの場面でコントロール良く、自分たちのスイングをさせてもらえなかった。一回の好機で3、4番に一本出ていれば...。それでも、子どもたちは非常に明るくやっていた。投手陣を鍛え直して、センバツで甲子園に戻ってきたい。

画像
試合後、ベンチ前に整列する大垣日大の選手たち=甲子園

あなたにおすすめ