まつげエクステ、きれいに安全に 接着剤トラブル防げ

 美容師などでつくる「沖縄県美容業生活衛生同業組合」は8日、宜野湾市大山のスターウッドBeB美容専門学校で、まつげエクステンション講習会を開いた。全国各地でまつげエクステンションの接着剤によるトラブルが絶えないことから美容師たちに器具の使い方、基本動作などを再確認してもらうために企画。同組合で講師を務める中川尚美さんが人形を使って技術を伝授した。

 同組合によると、まつげエクステンションは人工の長いまつげを専用の接着剤を使ってまぶたに付ける施術。はっきりとした顔立ちに仕上がり、美顔効果が期待できることから女性の人気を集めている。国家資格を持つ美容師だけができる施術だが、近年、資格を持っていない人や知識がない美容師らが施術をしてしまい顧客のまぶたが腫れたり、眼球を傷つけるトラブルなどが全国各地で相次いでいるという。

 同組合の山内優子理事長は「トラブルに巻き込まれないようにするためにも、しっかりと資格を持つ美容師にエクステンションをしてもらい、きれいになってほしい」と呼び掛けた。

 講習会には県内の美容師約50人が参加。トラブルが発生した事例や使う器具の手入れ方法、施術する際に注意するポイントなどに耳を傾けた後、実際に顔を型どった人形を使って施術も行った。

 西原町の美容室でアイリストを務める儀間みどりさん(36)は「器具の管理方法や丁寧な施術方法を改めて学べた。業務にしっかりと生かしたい」と意欲を見せた。北谷町で美容室を経営する佐久田桜さん(35)は「エクステンションの技術を取得したいと学んでいる途中だったので、基本的な動作や道具の使い方を改めて知ることができてよかった」と満足した様子だった。

あなたにおすすめ