新垣結衣クラスに急増!川口春奈がCM業界から愛される理由

画像
image

連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系)でヒロイン役を好演中している女優の川口春奈(22)。

2月に公開された俳優の山崎賢人(22)とW主演した映画「一週間フレンズ。」も若者を中心に人気。また先に発表された「2017年上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)では、新垣結衣(28)、石原さとみ(30)、桐谷美玲(27)らと並ぶ8社でランクインしているのだ。

「契約しているスポンサーはヤクルト、味の素、三井住友海上火災保険などの大手からオンラインゲームの会社まで幅広いです。同じ事務所には天海祐希(50)、菅野美穂(39)らも所属していますが、今や川口も看板女優と呼べるところにまで成長しています」(芸能プロダクション関係者)

昨年の同ランキングには名前がなかった川口だが、ここへきてCMオファーが急増。クライアント企業に“愛される”理由は、いったい何なのだろうか。

「いちばん起用しやすい理由として、男性スキャンダルがまったく出ていないことがあげられます。業界内でも『川口が遊んでいる』という話はまったく出ていないので、お堅い大手起業も安心して起用できます。演技力があってコミカルな芝居もOKなので、広い業種からオファーが来ています」(広告代理店関係者)

長崎県五島列島出身の川口。2月に出演したバラエティー番組では「ほとんど友達がおらず、いまだ東京になじめない」とも告白。それまでなかなか聞けなかった“ぶっちゃけトーク”を繰り出し、ブルゾンちえみ(27)のものまねを披露した。

まだまだ“引き出し”が多そうな川口。今後もCMオファーが増えそうだ。

あなたにおすすめ