県内 全日程を終了 南東北インターハイ

 全国高校総体夏季大会(南東北インターハイ)は12日、郡山市の郡山総合体育館で柔道競技の最終日が行われ、県内開催10競技が全日程を終了した。

 インターハイの県内開催は39年ぶり。7月22日から会津若松市でソフトテニス、テニス、ボクシングが相次いで行われ、福島市でバスケットボールとハンドボール、重量挙げ、郡山市で卓球と柔道、いわき市と石川、浅川両町で自転車、猪苗代町で空手を実施した。

 全国高校総体県実行委員会によると、各都道府県から選手、指導者ら約1万2000人が出場した。観客は例年の実績などを踏まえた推計で延べ27万人程度が来場したとみられる。

 南東北インターハイは本県と山形、宮城両県で20日まで30競技を繰り広げている。

あなたにおすすめ