自由民権運動家 平島松尾 功績しのび「柳渓忌」 二本松

画像

 明治時代の自由民権運動家で福島民報の創刊に携わり、後に衆院議員を務めた平島松尾をしのぶ「柳渓忌」は12日、二本松市民交流センターで催された。

 平島松尾顕彰会が8月13日の命日にちなみ開催しており、7回目。会員と平島家の関係者ら合わせて約40人が出席した。

 小島喜一会長らが遺影に献花した。親族の平島フクさんが松尾作の漢詩「七十七年過夢中」を献詠した。

 小島会長と新野洋市長らがあいさつした。フクさんが謝辞を述べた。福島民報は去る1日、創刊125周年を迎えた。福島民報社から佐久間順論説委員長が出席した。

あなたにおすすめ