エース打たれ浮足立つ 初戦敗退の鳴門渦潮(徳島)

画像

 エースが早々と攻略され、「5点取って3点以内に抑える」というゲームプランはあっさりと崩れた。鳴門渦潮は二回までに大量7点を失い、打線がはね返すことはできなかった。

 左腕の河野は「いつものように狙ったところに球がいかず、ボール球を振らせる狙いも見透かされていた」。甲子園入りしてから、球がずっと上ずっていた。徳島大会で面白いように空振りを取った落ちるスライダーを見送られる。苦し紛れに投じた高めの甘い直球を痛打される悪循環に陥った。

  相手の左打者は強力だった。一回は3番に2点本塁打を打たれ、二回は6番の本塁打を含む長打3本を浴びて5失点。河野は「ずっと投げたかった」と言うものの、途中降板は致し方なかった。

  序盤で大差をつけられたことで「打撃は力みから浮足立った」(松﨑主将)。相手の先発に対しては140キロ台の速球に対応しようと、ポイントを前に置いたが、上位陣からはなかなか快音が聞かれなかった。「緊張もあってリズムが悪くなった」と3番野口は振り返る。

 10安打を放ったとはいえ、うち5安打は試合の大勢が決まった八回以降。この回は無死満塁から奥の内野安打で1点を返したものの、後続が断たれた。九回も1点を挙げる粘りを見せたが、相手を脅かすまでには至らなかった。四回の2死満塁で凡退するなどした1番豊久は「自分のバッティングをさせてもらえなかった」と大粒の涙を浮かべた。

  長打の数も勝敗を分けた。日本文理の7本に対し、鳴門渦潮はわずか1本。2打数無安打の4番笹田は「持ち味の長打を打つことができなかった」と唇をかんだ。

  ふだん通りの野球をさせてもらえず、現校名での甲子園初勝利はならなかった。松﨑主将は「一日一日を大事に過ごして帰ってきてほしい」。2番手で好投した鈴江ら下級生たちが再び聖地に立ち、しっかりと守って打ち勝つ野球を繰り広げることを願った。

あなたにおすすめ