あのアジア人も!過去5シーズンのプレミアリーグ、「ゴール第一号」は誰だ

画像

ついに開幕した2017-18シーズンのプレミアリーグ。

エミレーツ・スタジアムで行われた開幕戦のアーセナル対レスター戦は、4-3という打ち合いになった。

そんなこの試合で先制点をあげたのは、アーセナルの新加入FWアレクサンドル・ラカゼット。キックオフからわずか2分で、シーズン第一号をマークした。

そこで今回は、過去5シーズンにおけるプレミアリーグの「ゴール第一号」を調べてみた。

あのアジア人選手もいるぞ!

2016-17シーズン

シーズン第一号:アダマ・ジオマンデ(ハル)

画像

第1節:ハル 2-1 レスター
2016年8月13日(土)

プレミアリーグ王者であったレスターがアウェイに乗り込んだ2016-17シーズン。ゴール第一号は、ハルFWによる豪快な一撃だった。

0-0で迎えた前半アディショナルタイム、コーナーキックをカーティス・デイヴィスが頭で合わせると、GKカスパー・シュマイケルがセーブ。するとゴール前で待っていたアダマ・ジオマンデがバイシクルで合わせハルが先制!

このボールにはアベル・エルナンデスも合わせており、まるで「キャプテン翼」に登場する「ダブルオーバーヘッド」のようだと話題に。なお、レスターの岡崎慎司は後半から途中出場している。

2015-16シーズン

**シーズン第一号:カイル・ウォーカー(トッテナム)
※オウンゴール**

画像

第1節:マンチェスター・ユナイテッド 1-0 トッテナム
2015年8月8日(土)

シーズン後にEURO2016が控えていることから、史上最速の開幕となった2015-16シーズン。

マンチェスター・ユナイテッド対トッテナムの開幕戦では、意外な形からゴールが生まれる。22分、右サイドを抜け出したアシュリー・ヤングがグラウンダーでクロスを入れると、ボールはフリーになっていたウェイン・ルーニーのもとへ。

すると、トッテナムDFカイル・ウォーカーが全速力でカバーに入ると、左足がボールに当たりこれがオウンゴールに…。結局この得点が決勝点となり、試合は1-0でユナイテッドが勝利した。

2014-15シーズン

シーズン第一号:キ・ソンヨン(スウォンジー)

画像

第1節:マンチェスター・ユナイテッド 1-2 スウォンジー
2014年8月16日(土)

ここ数年のプレミアリーグにおいて、最も衝撃的な開幕戦となったのが2014-15シーズンだろう。

オールド・トラフォードで行われたユナイテッド対スウォンジー戦は、1-2でアウェイのスウォンジーが勝利。その先制点をマークしたのは、韓国代表MFキ・ソンヨンだった。

28分、ギルフィ・シグルズソンからパスを受けたキ・ソンヨンはゴール正面から左足を振り抜き、巧みなシュートでダビド・デ・ヘアが守るゴールを陥れた。なお、この試合でユナイテッドの香川真司に出場機会はなかった。

2013-14シーズン

シーズン第一号:ダニエル・スターリッジ(リヴァプール)

画像

第1節:リヴァプール 1-0 ストーク
2013年8月17日(土)

ここ数年の間で、リヴァプールがプレミアリーグ制覇に最も近付いた2013-14シーズン。その開幕戦で最初のゴールを決めたのは、"SAS"の一人であるダニエル・スターリッジだ。

37分、ゴール前でボールを受けたスターリッジは得意の左足を振り抜き、ファーサイドにグラウンダー気味の強烈なシュートを突き刺した。

結局試合は1-0でリヴァプールが勝利。スターリッジはこの年、キャリア最多となる21ゴールをマークしている。

2012-13シーズン

シーズン第一号:ミチュ(スウォンジー)

画像

第1節:QPR 0-5 スウォンジー
2012年8月18日(土)

現地時間午後3時、6試合が一斉にキックオフとなった2012-13シーズンの開幕戦。その中で最も早くにゴールが生まれたのは、ロフタス・ロードでのQPR対スウォンジー戦だった。

試合は8分、ペナルティエリアの少し手前でこぼれたボールに新加入のFWミチュが反応し、左足でゴール!ミチュはこの試合で2得点をあげるなど活躍し、シーズンが終われば18ゴールという大活躍を見せるなどチームの躍進に大きく貢献した。

なお、ミチュはこの夏限りで現役を引退している。

あなたにおすすめ