富山市4年ぶりV 県青年相撲 個人は黒川3連覇

画像

 第90回県青年相撲選手権が13日、高岡市民体育館特設土俵であり、団体は富山市が4年ぶり16度目の優勝を果たした。個人総合は黒川宗一郎(高岡市)が3年連続3度目の栄冠を勝ち取った。

 市対抗の団体戦には6チームが出場し、総当たりのリーグ戦で争った。個人戦は軽量級(85キロ未満)と中量級(85キロ以上115キロ未満)、重量級(115キロ以上)の体重別3階級で行い、さらに各階級の上位3人によるトーナメント戦で総合優勝を決めた。第16回県小学生相撲優勝大会も開催した。

 開会式では山本徹高岡市相撲連盟会長が開会宣言。夏野元志県相撲連盟会長、駒沢北日本新聞社取締役高岡支社長らがあいさつした。県相撲連盟、高岡市相撲連盟、北日本新聞社主催。

あなたにおすすめ