明桜2―14二松学舎大付

19安打で大勝

明桜―二松学舎大付 2回表、永野の適時三塁打に沸く二松学舎大付ベンチ=甲子園

 二松学舎大付は8本の長打を絡めて19安打14点と大勝した。二回に1死二塁から秋広の右前打に2本の三塁打で3点を先制。その後も鋭い打撃で得点を重ねた。先発の左腕市川は丁寧な投球で8回1失点と好投した。明桜は六回に3連打で、九回は松本大のソロでそれぞれ1点をかえしたが、守備が乱れた。五、六、七回はいずれも失策が絡み傷口を広げた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む