イデミツ・ホンダ・チーム・アジア 2017MotoGP第11戦オーストリアGP 予選レポート

画像

オーストリアGP予選で中上は5列目スタート

パウィは11列目から決勝へ

2017年8月12日(土)
Rd.11 オーストリアGP
レッドブルリンク・サーキット
コンディション:ドライ
気温:20℃ 路面:24℃

 レッドブルリンクで行われた土曜午後のMoto2クラス予選で、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は13番手タイムを記録。明日のオーストリアGP決勝レースは5列目13番グリッドから臨みます。チームメートのカイルール・イダム・パウィは11列目32番グリッドからの決勝スタートとなりました。この予選で中上が記録したベストタイムは1分30秒175。パウィのタイムは1分31秒840でした。

 午前中のFP3で中上とパウィは、45分間のセッション時間をフルに活用して、典型的なストップ&ゴータイプのコース特性に合ったセットアップを見つけることに尽力しました。このセッションでの順位は中上が16番手、パウィは28番手でした。

 午後の予選では、中上はフィーリングとセットアップを前進させ、ポールポジションから0.7秒差につけました。明日午前に行われるウォームアップセッションでさらに仕上がりに磨きをかけて、午後の決勝レースに挑みます。パウィも同様にセットアップを工夫し、決勝レースに向けて戦闘力の向上を狙います。

 明日は、現地時間午前9時10分(日本時間午後4時10分)から20分のウォームアップ走行を行い、25周の決勝レースは午後12時20分(日本時間午後7時20分)にスタートします。

中上貴晶 (13番手 / 1’30.175 / +0.781)

「納得できる水準まで完全に達したわけではありませんが、セッションごとに確実によくなっています。予選最後のピットアウトでは少しだけ違うバランスにトライして、それがいい方向にいったので、明日の午前で最終確認をして決勝に備えます。スタート順位は厳しいですが、強い気持ちで挑み、レースでいいリザルトを獲得します」

カイルール・イダム・パウィ(32番手 / 1’31.840 / +2.446)

「今日は午前のFP3でも午後の予選でも、マシンをしっかりと停めて倒しこむことが難しく、苦戦をしています。明日朝のウォームアップでは、今の苦戦状況を打開できる方法を探り、決勝レースでは少しでもいい結果を目指してがんばります」

岡田忠之 チーム監督

「中上は前回のチェコと比較すると、少しずつ彼自身のライディングを取り戻しつつあります。ライバル選手たちを相手に厳しい決勝レースを戦うことで、さらに本来の水準の高い走りが甦ってくるはずです。パウィは、ハードブレーキングのポイントで特に苦労をしているので、明日午前のウォームアップでさらに対策を狙います。彼もまた、決勝レースを通じて新たなことを学んでくれるでしょう」

あなたにおすすめ