「意識しなかったけどうれしい!」5位タイの永井花奈がルーキー賞を受賞

画像
新人賞に輝き笑顔を見せる永井花奈(撮影:上山敬太)

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 最終日◇13日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(6,655ヤード ・パー72)>

4季ぶり3度目となる比嘉真美子の劇的な勝利で幕を閉じた今大会。2015年以後のLPGA入会選手及び2016年度より単年登録をしている選手を対象※に、最も上位だった選手に贈られるルーキー・オブ・ザ・NEC軽井沢72賞は、この日トータル9アンダー5位タイまで順位を上げた永井花奈が受賞した。

同賞については「知ってはいたものの、全く意識していなかった」という永井。ホールアウト後、受賞したことを聞き、「素直にうれしい」と喜びの声をあげた。

最終日のラウンドについては、「11番でショットがピンに絡んでから流れが良くなった」と話した通り、13番まで3連続バーディをゲット。さらに17番でもバーディを奪い、4バーディ・ノーボギーの“68”をマーク。賞を争っていた小祝さくらに1打差、勝みなみに3打差をつける快走を見せ、今回限りの賞レースは永井に軍配が上がった。

今回の受賞でNECグループから「LAVIE Tab E TE510/HAW」を贈られた永井。今後については、「レギュラー(ツアー)で出られる試合には休まず出たい」とコメント。直近5試合でトップ5フィニッシュが3回と好調が続いており、念願のツアー初優勝も間近かもしれない。

※2015年にLPGAに入会した辻梨恵(トータル11アンダー3位T)は、2013年に単年登録を行っているため対象外。

あなたにおすすめ