淡い明かりが水面彩る 東根「長瀞二の堀灯ろう祭り」

画像

 お盆の精霊送りにちなんだ「長瀞二の堀灯ろう祭り」が13日、東根市長瀞地区で始まった。約350基の手作り灯籠の明かりが水面(みなも)を彩り、幻想的な光景を演出している。

 アニメキャラクターを描いた作品、城や魚といった個性的なものなど、多彩な作品が長瀞城跡の二の堀に整然と浮かぶ。淡い光が堀を包み、時折、雨の降る中、多くの地域住民が揺らめくオレンジ色の光に涼を感じていた。

 長瀞小6年生の作品は俳句と想画で学校生活や地域への思いを表現。制作した浅野目真緒さん(11)は「灯籠を作るのは大変だったけど、お堀に浮かぶ作品はきれいで達成感がある。いつまでも続いてほしい」と笑顔を見せた。

 長瀞地区地域振興協議会(吉田政志会長)が開催する恒例行事。15日まで午後7〜9時半に点灯する。

あなたにおすすめ