【J1採点&寸評】横浜 1-0 鳥栖|攻守両面で存在感を放った横浜の左SB。2CBも堅牢な守備を構築

[J1リーグ第22節]横浜 1-0 鳥栖/8月13日/ニッパツ三ツ沢球技場
 
【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
珍しく前半に先制する上々の入り。ただ、時間の経過とともにポゼッションで上回られ、押しこまれる苦しい内容だった。それでも今のチームには守り切る粘り強さがある。自慢の堅守で3試合連続完封勝利となった。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
15分の田川の決定的なシュートをビッグセーブ! しかしキック、キャッチングともに不安定さが否めなかった。
 
DF
27 松原 健 6
状況をしっかりと把握し、攻守のバランスを崩さず。72分には左から流れてきたボールをシュートしたが、GKにキャッチされた。
 
22 中澤佑二 6.5
イバルボ、田川らの勢いに押され気味になる時もあったが、要所は締めてクリーンシートを達成。終盤の敵のパワープレーにも屈しなかった。
 
34 ミロシュ・デゲネク 6.5
不用意にスペースを空けず、相手の攻撃を確実に撥ね返す。中澤とのコンビで堅牢な壁をゴール前に築いた。
 
MAN OF THE MATCH
24 山中亮輔 6.5
思い切りの良いシュートがH・ヴィエイラの先制点につながる。天野や齋藤、扇原と息の合った連係を見せ、後半は同サイドでプレーするイバルボをシャットアウト。攻守両面で存在感を放った。
 
MF
5 喜田拓也 6
前節に続き、スタメン出場。中盤で厳しく相手を潰しにかかる一方、スペースへの飛び出しで攻撃に厚みをもたらす。
 
6 扇原貴宏 6.5
自陣エリア内の守備で遅れを取るシーンもあったが、中盤の深い位置でのパス捌きは安定しており、随所で味方を助けた。
 
20 マルティノス 5.5
クロスは精度を欠き、プレーがやや雑になる場面も。不必要なファウルもあり、カウンターのキレも悪かった。
 
14 天野 純 6
素早い攻守の切り替えで敵の背後を突く動き出しは悪くなかった。18分の好位置からのFKは惜しくも決められなかった。
 
10 齋藤 学 6
左サイドで起点。藤田と見応えあるマッチアップを繰り広げながら、緩急をつけたドリブルを披露。81分の左足シュートは決めるべきだった。
 

FW
7 ウーゴ・ヴィエイラ 6.5(81分OUT)
山中のシュートを相手GKがこぼしたところを押し込み、先制点をゲット。66分にも決定的な一撃も、これは決め切れず。
 
交代出場
FW
17 富樫敬真 -(81分IN)
高い位置から精力的にプレー。ロスタイムに決定的なシュートチャンスがあったが、権田の好守に阻まれた。
 
監督
エリク・モンバエルツ 6
手堅いサッカーで3試合連続完封。もっとも、劣勢の時間帯を盛り返す策には物足りなさがあったか。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

【チーム採点・寸評】
鳥栖 5.5
先制を許す展開も、中盤3人のオーガナイズはまずまず。左右にボールを動かしながら、サイドから仕掛けた。イニシアチブを握る時間は長かったが、フィニッシュワークの精度を欠いて、ノーゴールに終わる。
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
33 権田修一 5.5
山中のシュートをこぼしたところをH・ヴィエイラに決められる。ただし、ロスタイムの富樫のシュートは見事にセーブ。
 
DF
8 藤田優人 6(84分OUT)
ドリブルで抜きにかかる齋藤をたまらず手で止めようとしてイエローカードも、横浜の10番との1対1では優位に立っていた。
 
15 チャン・スンヒョン 5.5
前半の失点の場面では、ディレイしながらの対応も山中にシュートを打たせてしまった。相手のカウンターは冷静に阻止した。
 
35 青木 剛 6
先発復帰。絶妙な位置取りでビルドアップに貢献。中盤3人との関係性も良く、ポゼッションを高める働きぶりだった。
 
2 三丸 拡 5.5
ルーズボールへの反応が一歩遅れて、H・ヴィエイラのゴールを許す。攻撃面では積極的に攻め上がり、クロスを供給した。
 
MF
6 福田晃斗 6
高橋、原川とのトリオでリズムアップを図る。70分には際どい一撃を放った。豊富な運動量で最後まで走り抜いた。
 
14 高橋義希 6
中央の深い位置で精力的にボールを出し入れ。球際でも強さを見せ、チームの中軸として奮闘も、結果には結びつかず。
 
4 原川 力 6
左サイドからテンポ良くボールを動かして中盤を構成。相手のタイミングを外すフェイントで能力の高さを示した。
 
FW
9 チョ・ドンゴン 5(67分OUT)
バイタルエリアでアイデアを生かしたプレーもあったが、中澤とデゲネクの両CBを攻略できず。無念の途中交代。
 
27 田川亨介 5.5(68分OUT)
推進力あるプレーで脅威を与える。15分には力強い突破から決定機を演出。しかし、結果を残せずにピッチを退く。
 
32 ビクトル・イバルボ 6
引いてきて組み立てに参加し、局面の勝負でもフィジカルの強さを十二分に発揮したが、あと一歩が及ばなかった。
 
交代出場
FW
11 豊田陽平 5(67分IN)
最前線で身体を張って、パワープレーで果敢にゴールを狙ったが、求められる仕事はこなせなかった。
 
FW
22 池田 圭 5(68分IN)
ロスタイムに右足で放ったシュートは枠を外す。攻撃に迫力を与えようとしたが、奏功しなかった。
 
MF
50 水野晃樹 ―(84分IN)
左サイドでプレー。スローインからヘディングシュートを試みるも決められず。見せ場は少なかった。
 
監督
マッシモ・フィッカデンティ 5.5
後半は次々と攻撃的なカードを切り、相手を押し込むことはできた。ゲームもほぼ支配したが、結果は得られなかった。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

あなたにおすすめ