県アマ囲碁最強者戦 多田さん初V

画像

 第52回岡山県アマチュア囲碁最強者戦(県アマチュア囲碁連盟、山陽新聞社主催)の決勝3番勝負が13日、岡山市北区柳町の山陽新聞社であり、若手実力者の多田遼太郎さん(26)=岡山市北区=が、3度目の戴冠を目指した岩井真一さん(49)=同=を2—1で下し初優勝した。

 黒番6目半コミ出し、持ち時間各1時間半で対局。第1局は白番の岩井さんが序盤リードしたが、多田さんが接近戦で力を発揮し3目半勝ち。手番が入れ替わった2局目は、手堅く地をまとめた岩井さんが7目半勝ちしタイに持ち込んだ。

 最終局は中盤から中央突破を図った白番の多田さんが、岩井さんの猛攻をしのいで半目勝ちした。多田さんは「内容はどれも苦しかったが、最後まで楽しんで打てたことが一番の勝因」とほおを緩め、岩井さんは「粘り強さで相手が一枚上手だった」とたたえた。

 同棋戦は県内の強豪24人が出場。4月にトーナメントの準決勝まで行っていた。

あなたにおすすめ