綾瀬はるか:連ドラ主演で“キュートで強い”主婦に 「SP」金城一紀の“アクションホームドラマ”

画像
新ドラマ「奥様は、取り扱い注意」に主演する綾瀬はるかさん=日本テレビ提供

 女優の綾瀬はるかさんが、日本テレビの10月期の水曜ドラマ「奥様は、取り扱い注意」で主演を務めることが14日、明らかになった。ドラマは、「SP」シリーズや「BORDER」「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」などで知られる金城一紀さんが原案・脚本を担当。綾瀬さん演じる“正義感が超強く、怒らせたら超危険”な主婦・伊佐山菜美が活躍する、笑いあり、涙あり、アクションありの爽快エンターテインメントになるといい、綾瀬さんは「連ドラでは初めての主婦役なんですけど『キュートで明るい』と『強くてカッコイイ』を併せ持つ、日本のドラマではあまり見たことがない役どころに挑戦します」と語っている。

 菜美は、“ワケあり”の人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした男性と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越してきたちょっとセレブな専業主婦。ある日、隣人の主婦に誘われて料理教室に通うことになり、新しい生活で初めてできた友人たちに「料理の味付けの仕方」などの“主婦の知恵”についてアドバイスを受け、女友達との友情を育んでいく。そんな中、同じ料理教室に通うある主婦が夫からDVを受けていることを直感した菜美は、どうやったら彼女を救えるか悩んだ揚げ句、「私がなんとかしてあげる」と決意。曲がったことが大嫌いで、悪いやつらは放ってはおけない菜美は、どんな方法でトラブルを解決するのか……。

 ドラマについて、綾瀬さんは「クスッと笑えるところもあるし、悪いやつをやっつけるアクションで、スカッとするところもあったり、いろいろ見どころが詰まった作品」とアピール。また、金城さんは「女性が主人公のドラマを初めて書きます。しかも、ホームドラマとアクションを融合させようと思っています。高いハードルですが、圧倒的な才能を持つ綾瀬はるかさんが一緒なので安心です。笑って、泣けて、ドキドキするエンターテインメント作品を視聴者の皆さんにお届けします。ご期待ください」とコメントを寄せている。

あなたにおすすめ