エッグ1グランプリ 最高賞 「鳥玉」のチキン南蛮 プリン

©株式会社琉球新報社

 県内飲食店が卵料理の腕前を競う「第1回EGG1(エッグワン)グランプリ決定戦」(県養鶏協会主催)が13日、那覇市ぶんかテンブス館前で開催された。8月9日の「エッグの日」を記念し初めて実施された。来場者による投票で決める最高賞のグランプリには「鳥と卵の専門店 鳥玉 泉崎店」(那覇市)の「卵ゴロゴロ黄金タルタルのチキン南蛮」=写真上=「濃厚ふあとろ卵プリン」=同下=が選ばれた。イベントには約4千人が来場し、県内各地から集まった工夫を凝らした絶品の卵料理やスイーツに舌鼓を打っていた。

 イベントでは10店舗がオムライスや卵サンドなど計12品を出品した。準グランプリは「味心 ゆうづき」(浦添市内間)の「とろとろ玉子チーズそぼろ・ガーリックライス!」、特別賞は「タコライスcafeきじむなぁ」(豊見城市瀬長)の「オムタコカレー味&テリヤキチキン」が選ばれた。

 西田ありささん(36)=那覇市、主婦=は「だし巻き卵を挟んだサンドイッチには目新しさを感じた」と笑顔を見せた。

 主催した県養鶏協会の崎原勲会長(JAおきなわ常務)は「各店舗がこだわった調理法を披露し、消費者に卵の魅力を発信できたのではないか。生産技術を高めながら県産卵の消費拡大につなげたい」と語った。

あなたにおすすめ