「女は20代に限る」と豪語していた、年下男の心を鷲掴みにした35歳の女

女性の結婚率は、35歳を境に急激に下降する。

東京で、まことしやかにささやかれる言葉だ。

他にも、身体の変化、実家の問題、将来への不安と、目を背けたいことが増えてくる年齢でもある。

だがしかし。そんな悲観を抱くことは一切なく、麗しき独身人生を謳歌する女がいた。

恭子、35歳。

彼女が歩けば、男たちは羨望の眼差しで振り返り、女たちは嫉妬する。

恭子は一体、何を考えているのか?

前回は、新卒時代の同期・なつみが既婚者の目線から恭子を語った。

今日は外資系ラグジュアリーブランドで働く恭子の部下・周平が、彼女について語る。

画像

僕は、『トゥールームス グリル バー』で恭子さんとばったり会った夜のことをぼんやり思い返していた。

「周平、お前、女の子は20代に限るってあれほど言ってたのに一体どうしちゃったんだよ」

一緒に飲みに来ていた友人に後からそう茶化されたとき、僕は返す言葉が見つからなかった。

黙っている僕を友人は軽く小突いて、小声で言った。

「確かにすごいイイ女だったけど…でもあの人、どう見ても30は過ぎてるんじゃないか?」

確かに彼の言う通りだ。僕はそもそも、自分より歳下の女の子にしか興味がない。

それに今年で29になる僕にとっては、近頃は同じ年代の女たちですら、少し面倒な気がしていた。彼女たちは狂ったように婚活に精をだし、二言目には「結婚」と騒ぎ立てるからだ。

僕にだって結婚願望がないわけじゃないけれど、相手にせかされるのはまっぴらごめんだ。若い女の子たちは気軽な恋愛を楽しむのにちょうどいい。

だからましてや、35歳で、しかも自分の上司という立場である恭子さんのことなんて、気にも留めていない…はずだった。

恭子のことが次第に気になり始める周平

完璧な女上司・恭子さん

僕が初めて恭子さんを見たのは、今の会社に入社する転職の面接のときだ。

一目見て、ものすごい美人がいる、と瞬間的にテンションが上がった。でもすぐに、この人が直属の上司にあたるポジションだとわかって、落胆した。

この業界では女性の上司を持つことはよくあるが、転職前の会社でも、恭子さんと同じ年くらいの女性の上司にさんざん振り回された苦い過去があったからだ。

朝は上機嫌だったと思えば午後にはイラついている。言うことも1日単位で大きく変わる。そんな毎日に疲弊したことも、転職の後押しとなったのだった。

しかし実際一緒に働き始めてみると、恭子さんは前職の上司とは全く異なるタイプの人だった。

画像

彼女と僕が所属する部署・CRM&マーケティングの主な業務は、顧客のデータ管理をし、そのデータ分析をもとに顧客の再来店を促す施作を考えることだ。

仕事をしているときの恭子さんは常に同じテンションを崩すことはなかったし、指示も一貫している。

そして何より頼り甲斐がある。顧客向けのイベントで僕が業者との値段交渉に苦戦したときは、恭子さんがいつのまにか代わってなんとかしてくれた。

かといってはじめから僕の仕事に口出しすることもなく、基本的には僕を信頼して任せてくれているように見える。ただ困ったときだけいつのまにか現れ、さっと問題を解決していく。そんなスーパーヒーローみたいな上司なのだ。

でもいまいち、何を考えているかわからないという印象は拭えず、私生活も謎に包まれていた。僕が知っている彼女の個人情報といえば、年齢と、広尾に住んでいるということだけだったのだ。

そして常に、自社ブランドの10cmピンヒールを1日も欠かすことなく履いているということも。

あの夜バーで彼女を見かけて思わずどきりとしたのは、普段決してみることのない彼女の日常の姿を垣間見ることができたからだったのかもしれない。

「ねえ、周平、知ってる?」

『アースカフェ表参道』でチキンカレーのサンドウィッチを頬張っていたら、隣の部署の同僚・瑠璃子が顔を寄せて囁いてきた。

瑠璃子とは以前、付き合っていたこともある。

彼女もまた、結婚願望をはじめから全面に押し出してくるタイプで、僕とのテンションの違いからすぐに別れてしまった。幸いなことに今はこうして仲の良い同僚として、時にランチをする良い関係をキープしている。

「周平、恭子さんの黒い噂、知ってる?」

…またこの話か。

僕は瑠璃子に気づかれないようそっと溜息をついた。

この話を聞くのはもう3度めで、耳にタコができている。「恭子さんが実はディレクターの愛人ではないか」という根も葉もない噂だ。

恭子さんの活躍を面白くないと思う誰かが流した作り話だとは思うが、いつも親しげにディレクターと一緒にいる彼女を見ているとあながち嘘でもないような気もした。

どちらにしても僕には関係のないことだ。

あの日バーで会って以来、彼女のことがなんとなく気になる気持ちを打ち消して、自分にそう言い聞かせる。まだ話し足りなそうにしている瑠璃子をさらりと交わしながら、ふたたび食事に集中した。

周平は重大なミスを犯してしまう…!

僕が犯した重大なミス

そして事件は、この日の午後に起きた。

僕はとんでもないミスをやらかしてしまったのだ。

カタログなど、DM送付の管理も重要な業務のひとつで、最新のカタログ送付がちょうど数日前に完了したばかりだった。

顧客の中には、このDM送付を希望しない人達がいる。単にDMがいらないという理由の顧客ももちろんいるが、なかには特別な事情があって希望しない人もいる。

それは例えば、妻ではない女性に商品を購入した客だ。

ところが、今回カタログが送られたリストのなかに、その「DMを送ってはいけない顧客」が含まれてしまっていたのだ。

顧客の妻からの連絡で事件は発覚し、夫が一体何を購入したのか、そしてどこの誰と来店したのか教えるようにという怒りの電話がかかってきた。

もちろんそれだけでは済まず、夫である顧客本人も物凄い剣幕で怒鳴り込んでくる始末だ。

結局、僕の力ではどうにも収まらず、彼の怒りを沈め、上への報告を済ませ、事態を解決してくれたのは全て恭子さんだった。

その日はずっと自分の無力さに嫌気がさし、完全に落ち込んでいた。

「周平君、飲みに行くわよ」

日が暮れても覇気を失ったまま椅子に座り込んでいた僕の肩を軽く叩いたのは、恭子さんだ。飲みに誘われたのはこれが初めてだった。

こうして僕と恭子さんは、『オステリア ヴィネリア ラ・コッポラ』で軽く飲むことになった。

「恭子さん、今日は本当に申し訳ありませんでした」

深々と頭を下げた僕に向かって恭子さんはうっすらと微笑を浮かべ、穏やかな口ぶりで言った。

「いいの、もう同じことが起こらないように気をつけてくれればそれでいい」

恭子さんはワインを一口飲んで、今度はにっこりと笑った。

「そうそう。今までのチェック体制はちょっと甘いかなって実は前から気になっていたんだけど、今回のトラブルを受けて、より慎重な体制に見直すことが決まったわ」

画像

そのあとは、恭子さんが仕事の話に触れることは二度となかった。代わりに自分の趣味の話をしたり、逆に僕について質問したりしている。

彼女はワインが好きだといい、プライベートの楽しみは長期休暇をとって海外のワイナリー訪問をすることだと語った。

普段会社では全く知ることのない恭子さんの趣味を聞いて、僕は彼女のことを少しだけ理解できたような気がした。

店を出て階段を降りたところで、恭子さんが突然表情を歪めた。

「痛い。靴擦れしちゃったみたい」

足元を見ると、踵のあたりが赤く腫れている。

僕はすぐタクシーを拾おうと提案しながら、心の奥でそっと、恭子さんの意外な一面に驚いていた。

いつも10cmピンヒールで勇ましく闊歩するスーパーヒーローも、靴擦れするんだな…。

いくら常に完璧な彼女であっても、人間なんだから当たり前だ。そんなことはわかっているのに、途端に恭子さんが可愛らしい存在に見えてくる。

青山通りでタクシーに乗り込む彼女の背中を見送りながら、会社を出るまで鉛のように重たかった心が随分と軽くなっているのに気がついた。

恭子さんを、あらためて食事に誘ってみよう。

そう決意して僕は早速ポケットからスマホを取り出すのだった。

▶Next:8月21日月曜更新予定
周平の元彼女・瑠璃子は、恭子のことをどう思っている?

あなたにおすすめ