関東 夕方にかけて雨脚強く 西日本も天気下り坂

 きょう14日は、東・北日本の太平洋側で雨が降りやすく、関東では夕方にかけて雷を伴って激しく降るところもありそうだ。また、西日本でも次第に雨の範囲が広がる。

 きょう、東・北日本では、北海道の北にあるオホーツク海高気圧や日本の東の海上にある低気圧の影響で東から湿った空気が流れ込み、雲が広がりやすくなる。午前5時現在、東北の太平洋側や関東では雨の降っているところがあり、このあとも太平洋沿岸部を中心に雨が降ったり止んだりのすっきりしない空模様となりそうだ。特に、関東では雨脚が強まり、関東北部では午前中に、東京を含む関東南部では夕方にかけて、局地的に雷を伴って激しく降る見込み。日本海側や内陸では多少晴れ間も出る。

 また、西から前線が近づくため、西日本では天気が下り坂となる。九州北部は午前中から雨で、夕方以降は雷を伴って激しく降るところがありそうだ。中国・四国も夜には雨が降り始める見通し。近畿では、日中は晴れ間が出るが、こちらも日本海側や山沿いを中心に今夜遅くから雨が降り始め、あす15日は広く雨となる。前線から離れている沖縄は、よく晴れそうだ。

東・北日本は平年より低い気温

 曇りがちとなる関東から北では、太平洋側を中心に平年より低い気温となり、日中も9月上~下旬並みの気温が予想されている。特に、関東はきのうより4℃前後低く、きのう4日ぶりに真夏日が戻った東京も、きょうは27℃と9月中旬並みの気温となる見込み。一方、東海から西は31~33℃くらいまで上がるところが多く、蒸し暑さが続く。

あなたにおすすめ