<楽天>島内、ウィーラー 効果的アーチ競演

©株式会社河北新報社

4回東北楽天1死一塁、島内が左越えに勝ち越しの2ランを放つ

 東北楽天は5安打ながら島内、ウィーラーの本塁打などで4得点と効率良く加点して63勝目を挙げ、昨季の勝利数を上回った。

 1-1の四回、直近10試合で打率2割5厘と苦しんでいた島内が1死一塁から「追い込まれる前に積極的にいこう」と初球の直球を逆方向に運び、左翼席への勝ち越し2ラン。「久々にいい感触だった。最近強く振ることができていなかったので、次につながる」と納得の表情だった。

 六回にはウィーラーが左越えソロ。一回にも先制の左犠飛を放った主砲は「(一回は)走者をかえすことだけ考えていたので、最低限の仕事はできた。(ソロは)辛島が頑張っているから一本打つことができて良かった」と振り返った。

 けが人続出で低調気味だった打線も徐々に得点力が上がり、次のカードからはペゲーロらが復帰する見通し。池山チーフコーチは「ペゲーロが戻ってくれば、もちろん2番に置きたいが、今の銀次の2番も捨てがたい。(移動の)バスや新幹線の中で打順を考えないと」と悩ましげに話した。(浦響子)

あなたにおすすめ