1時間50ミリの雨、3割増加

気象庁、70~80年代と比較

画像
記録的な大雨で浸水した福岡県朝倉市内=7月6日(共同通信社ヘリから)

 1時間に50ミリ以上の大雨が降る頻度が、1970~80年代に比べ3割程度増加していることが14日、気象庁の統計で明らかになった。地球温暖化との関連が指摘されており、短時間で一気に降る大雨は災害を引き起こす危険性がある。

 気象庁の統計では、降水量が1時間に50ミリ以上だった回数はアメダス千地点あたり、76~85年の10年間は年110~230回で、平均すると173.8回だった。2007~16年は年169~282回、平均は232.1回と33.5%増加していた。

 アメダスは1970年代後半から本格的に全国で運用が始まった自動観測所。

あなたにおすすめ