MotoGP:ドビジオーゾ「バイクと新しいカウルはとても良い」/オーストリアGP決勝トップ3コメント

©株式会社サンズ

 MotoGP第11戦オーストリアGP、MotoGPクラスの決勝レースで表彰台を獲得したアンドレア・ドビジオーゾ、マルク・マルケス、ダニ・ペドロサが決勝の戦いを振り返った。

■アンドレア・ドビジオーゾ/ドゥカティ・チーム(決勝1位)

「この結果はとてもハッピー。今週末は難しかったね。バイクと新しいカウルはとてもよく、今日のバトルは本当にすばらしかったよ」

「タイヤを持たせるために、レースをコントロールできた。マルケスが最終ラップの最終コーナーで来ることは分かっていた。明らかに彼はボクより早くアクセルを開けてたので、かなり接近したけど、彼がバイクを止められてよかったね。今シーズンはこれで3勝目になる。本当にグッドだ」

■マルク・マルケス/レプソル・ホンダ・チーム(決勝2位)

「限界までプッシュした。涼しかった昨日よりもフィーリングはよかったが、レース終盤はリアタイヤのエッジグリップに苦戦した。とにかく、トライし、最終コーナーは完全に限界だった」

「でもこれがMotoGP、これがショーなんだよ。次のレースでも同じようにトライしたいね」

■ダニ・ペドロサ/レプソル・ホンダ・チーム(決勝3位)

「全体的には厳しいレースウイークだった。フリー走行では苦戦し、Q1からQ2をめざした。レース序盤はタイヤの温度を上げるのに苦労したが、リズムがよくなり、ロレンソと3位を争うことができた」

「トップ争いに追いついたけど、タイヤのスピニングが多くなり、終盤はついていくことができなかった。チームを誇りに思うよ。表彰台に立てたことはすばらしい結果だ」

あなたにおすすめ