甲子園沸かせた「打てない」打線

明豊―坂井 6回表坂井1死二、三塁、山内良太の適時打で生還、同点に追いつきガッツポーズする2走石川雅晴=甲子園
明豊―坂井 6回表坂井、1死一、三塁、石川雅晴が二塁適時打を放ち4―2とする=甲子園

 【全国高校野球選手権大会2回戦・坂井6―7明豊(大分)】

 「つなぐ坂井」の粘りが甲子園を沸かせた。監督、選手が「本当に打てない」と認めてきた打線がバントやエンドランを絡め、強打の明豊と点の取り合いを演じた。春夏通じての甲子園初勝利は逃したが、川村忠義監督は「よく粘った」と選手に賛辞を贈った。

【関連記事】坂井、打てなくても優勝した理由

 積極的な攻撃で中盤に2度追いついた。特に3点を追う六回の攻めは、坂井野球の醍醐味(だいごみ)が詰まっていた。石川雅晴の左越え適時二塁打で2点差に詰め寄り、1死二、三塁で打席は9番山内良太。サインはエンドランだった。

 「練習していたので自信があった。食らいついてゴロを転がそうと思った」と山内。三遊間をしぶとくゴロで破って2者が生還し、同点とした。

 八回には3年生の軽部裕樹、出店朋樹の安打などで2死二、三塁とし、再び打席は山内。外側の球を必死に三遊間に転がすと、全力疾走し一塁へヘッドスライディング。慌てた三塁手の悪送球を誘い、2点を勝ち越した。

 その裏、逆転されたものの、終盤は内野スタンドからも坂井に大きな拍手と声援が送られた。「つないで自分たちの野球ができた」。主将の吉田温郎は涙が止まらなかった。

 レギュラーの山内、石川、帰山賢也はいずれも2年生。山内は「この経験を生かして、次の代でも甲子園に戻ってきて3年生の分も勝ちたい」と誓い、銀傘に一時の別れを告げた。

あなたにおすすめ